活動報告

  1. ホーム
  2. 活動報告
  3. これまでの活動記録(旧ブログ)
  4. [理事長からのキラキラ物語・・]利用者、大学、NGO連携で地域作り

これまでの活動記録(旧ブログ)

[理事長からのキラキラ物語・・]利用者、大学、NGO連携で地域作り (2013/01/29)

今日は朝から入院中の利用者家族より退院に向けての相談がありました。
諸々の状況を確認する中でご本人は愛着のある自宅での生活は「家族に介護負担を掛けてしまう」とスマイルでの連泊を希望され尊厳死協会にも入っている事を話して下さいました。
スマイルに泊って頂く事は問題有りませんが、スマイルは住み慣れた自宅や家族、近隣との関係を大切にしながら最期まで在宅生活を送って頂く為のホームです。自宅へ介護職がケアしに行く事も出来る柔軟で包括的な対応で在宅生活を支援しています。
最期まで自分らしい自宅での生活を大事にして頂きたくて明日、入院先の病院に行って本人とお話させて頂く事としました
そして10時、東京電機大学 山田あすか研究室の皆様とスマイルぷらちな改造計画・・。
皆で頭を突き合わせて「う~んそれ良いね。これがスマイルの姿だよね!」あとは予算次第かぁ。
長い目で見たら絶対お金掛けても改修する方が良いと私は思いますが、これが個人事業ではなくNPOとして合議で進めている組織の面倒な所。
会計顧問や経営企画、理事会を納得出来る様に学生さんにプレゼン用データをお願いしました
これも学生さんの大事な学び。就活は勿論、其の後の仕事でもプレゼン力上げて充実した人生送って下さい。
それにしても全部、改修するとなると四百万掛かるんだ・・。
電機大
そして昼。新人Sケアマネと新規相談2件の確認。えっ?!これって二件とも2/1スタートなんですね。事前情報どれだけ集められる?一件は今日中に自宅を確認しもう一件は明日、院内カンファだね。明日も無駄なく動ける様に分刻みでスケジュール立てないと
それから遅い昼食を食べて今度は、地方でNGO活動をしている法人からコミュニティ作りについて聞きたい との事でお会いしました。
3時間に亘ってNPOとしての活動の意味や困難、行政対応、企業連携、今後の展開・・とお話しすると有るわ有るわ共通項。上手に連携させ素敵な社会作りに発展させたいなぁ。
国際協力事業といっても「地域作り」という意味では「ぷらちなくらぶの福祉事業は社会作り。福祉で街作り」と一緒ですね。一昨年に入職した事務局のO君は「街作り」をテーマに修士論文書いたと言ってたっけ。
彼にこの話を繋げましょうか。
・ ・と、本日も山ほどのキラキラ有難うございました。
今日の業務整理に未だ未だ眠れそうに有りませんが・・。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ 03-5697-9200

メールでのお問い合わせ

PAGE TOP