活動報告

  1. ホーム
  2. 活動報告
  3. 理事長のキラキラ物語

理事長のキラキラ物語

[理事長からのキラキラ物語・・] 雨でも「さのハート&ハート」やるよぉ! (2014/06/07)

連日雨続きですね。
が、ぷらちなくらぶの皆は、元気一杯です。

番の元気の源は、毎月行われる定例会 
子育て&介護事業の責任者を中心に事例を通して皆から意見を出して貰ったり専門家の先生方に助言を頂きお勉強したり懇親を深める中で、日々起こる困難にも心に余裕を持って対応できる様に努める職員が沢山います。
定例会  定例会後の親睦&会議140531_1227~01  TさんOさんの手料理で職員会議?

番目の源は、様々な技能を持った職員によるエンターテイメント
今回は若干20歳の職員によるプロ級の詩吟を披露
スマイルで詩吟
番目の源は自分の好きな事をする
食が細いKさんですが、若い時から楽しみにしていた植物の手入れで目がキラキラ輝きます
園芸係のK様96歳傷んだ葉っぱの摘み取り

そして色んな所へ出掛け、色んな事に参加して何事も楽しみます
明日はスマイルのおじぃちゃま、おばぁちゃま達も「さのハート&ハート」や北綾瀬の「しょうぶ祭」のイベントにお出掛け予定ですが、お天気が気になります・・

雨だとしてもぷらちなくらぶは明日の「さのハート&ハート」のイベントで毎年恒例、高齢者疑似体験を行いますので皆、来て下さいね

【理事長からのキラキラ物語・・】総会を開催しました (2014/06/07)

5/27〔火〕に平成25年度年次総会が開催され議案は全て原案通り承認され
総会後に行われた理事会の互選により今年度も大竹が引き続き理事長を務める事となりました

平成25年度は、日本政策金融公庫への返済がスタートする年度という事で、当初とても不安も有りましたが、200名を超える職員と、その家族や友人、地域 の皆様、ボランティアさん等の力で、高齢者や障がい者、子育て親子に対する様々なSOSに応えている内に結果として2億を超える法人活動となった事が総会 では数字で示され称賛的なざわめきが起こりました。

そんな法人の代表でありながら子ども染みた言い方ですが、数値化し難い事柄や過程、意味を大切にしながら動いているので数字で事を判断するのはどうも好きにはなれません

とは言っても多くの人の力を借りながら動いている事を考えると「皆様に少しでも理解して頂き易い様に数値化するのが大人の行動」と自分に言い聞かせ毎月、 会計顧問であるみなと会計の坂田税理士に運営の助言を頂きながら経営企画部で収支はシビアに確認して来ました(大竹は丼ですが)。

そして、今回の総会では、会計顧問に「素晴らしい決算」と仰って頂く結果となり、やはり数字は、キラキラ物語を語りながら道なき道を走る私の近くで伴走してくれている仲間の力を裏付けてくれていました

この結果を素直に受け止め、多くの皆様のご支援とご苦労に心よりお礼申し上げます。 

っと今年度も様々な困難がパートナーシップ、フォロワーシップの価値を私に教えてくれながら人と組織を成長させてくれる と信じ、心のふれあいを大切に自律的支援によって社会づくりに取り組んで参りますのでどうぞよろしくお願いいたします

【理事長からのキラキラ物語・・】 「ヤゴ救出大作戦」を遣ります! (2014/05/24)

今年も又、「エコ夢企画」によるヤゴ救出大作戦をやります。
「ぷらちなくらぶ」も応援しています。
そして大竹もお手伝いに行きますので皆、来てくださいね。
sworld_02.jpg
sworld_03.jpg

〔理事長からのキラキラ物語・・〕心も目頭も熱くなる子育て支援事業 (2014/05/15)

最近、大竹のブログは高齢者ネタが多いのですが、ぷらちなくらぶのスタートは足立区との子育て支援施策の協働で、現在も子育て支援事業に日々心も目頭も熱く なる時間を頂いております

 先週は、新田キッズルームの評価としてURさんと日本女子大研究生のヒアリングが有りました。
様々な質問を受けている内に私が子どもの頃、近所に団地(URの前身)が建った時のトラウマから大人社会を学んだ話や
13年ほど前、法人立ち上げの頃に足立区のアチコチから発せられる子育て世帯のSOSに応えながら土砂降りの雨の中、新田まで10キロ以上の道のりを自転車で飛んで行った頃の話。
さんとは新田キッズルームの前に花畑団地建て替え検討のアイディア出しで8年程前からのお付合いだった事にも話が及び、何故、新田で子育て支援として遣っているか文脈を捉えて下さり ・・立上げ当初からの職員さんに「大竹さんは、初めの頃から言っている事が全くブレてないですね」とか「又、URと仕事をして貰えますか?」と仰って頂き本当に有難くも嬉しいお話をして頂きました。

 先日は西新井ギャラクシティの指定管理をしている丹青社さんと「子育てサロン西新井」の運営会議に久々の出席。
ここはギャラクシティという全国ニュースでも度々話題にされる無料のアミューズメント施設内の為、他の子育てサロンより来場者が日々10倍以上も有り、他のサロンとは違った課題が発生し易い状況です。

最近は現場職員と事務局ディレクターに任せている事が殆どなので大竹は皆の話を浦島太郎状態で聞いていましたが、現場職員から実情を踏まえての発言を聞きながら現場を中心に皆の力で作り上げている事が確認できて、困難も有りますが幸せな事も何十倍も有る と心強く感じました。

  そして 何度も何度も泣いたり泣かせたり(?)しながら10年間、子育て支援事業を様々な形で繋いでくれている、とっても大事なスタッフの一人、井上美保さんがゲストとして語っている動画をご覧下さい。

和音&こども”ど真ん中”プロジェクト2014年5月6日放送分

〔理事長からのキラキラ物語・・〕 認知症と後見制度について (2014/05/14)

またまた間際の案内です。

明日5/15(木)10時~12時「認知症と後見制度について」の勉強会をぷらちなくらぶ事務所で開催します。

専門家の先生にお越し頂き、要介護になっても自宅で過ごせる住宅改修のアドバイスも含めお話し頂きますが、生活者視点での不安や疑問にお答えする意見交換や「入っておくと長生きする」と言われる【棺の入館体験】もあります。

年配の方もOKですが、「未だ未だ早い。関係ない。」と思っている若い方、特に子育て世代の方に来て頂きたいと思っています。

是非、お友達をお誘いになってご参加下さい。

sworld_01.jpg

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ 03-5697-9200

メールでのお問い合わせ

PAGE TOP